FC2ブログ
 
■プロフィール

とし

  • Author:とし
  • 中越大震災の震源地・小千谷市の棚田で、美味しい『魚沼産コシヒカリ』を作っています。
    ◆蛍の養殖を開始 
    小学生が公園に放流しました。
    ソトコト'0912月号紹介にされる
    ◆稲刈り体験ツアー趣味人倶楽部(シュミートクラブ)に掲載
    ◆家の光協会「地上」 07年1月号に紹介される

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■フリーエリア
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■QRコード

QRコード

サイの神 (本番)
 「サイの神」本番は、午後1時開催。
 打合せ打合せ
午後からの本番に向け、PTAと成年会で入念?な打合わせ。
 おんべ飾りおんべ飾り
和紙で作られた「おんべ」は水分を含むと飛ばないので、雪模様の今日は「おんべ」を竹に飾るかどうか悩んでいました。
「おんべを飾らんば、サイの神が盛り上がらんぞ」
と、言う一言で雪が降る中「おんべ」を竹ざおにつるしました。
B-4の和紙から、こんなにすばらしい「おんべ」が出来上がります。
 天神ばやし 始まり
町内会長の挨拶の後、魚沼地方特有の「天神ばやし」が奉納されます。
 おんべ揚げ おんべ揚げ
天神ばやし奉納の後、参加者の中から年男・年女の手によって塔に火が入れられます。
その火が塔に回って上昇気流ができます。「おんべ」をその気流に乗せて飛ばします。
おんべが「空高く飛ぶほど縁起が良い」と言われているので、「おんべ」を奉納する人も真剣です。
 おんべ取りおんべ取り
揚げられた「おんべ」を拾うと、拾い
その人にも縁起が授かります。子供たちが雪の中を飛び回って、揚げられた「おんべ」を取り合うのも一つの風物詩です。
しかし、そこに割って入るように、いい大人が釣竿やこうもりを持って立ちはだかります。
 こうやって子供たちも、社会に荒波?にもまれて育ちます。
 福餅まき餅撒き
参加者を募るために「福餅撒き」や「福引」も催されます。
福餅まきも当日参加の福男・福女、福引は町内PTAの協力で運営されます。
 するめ焼きするめ
それぞれの家でするめや餅を焼くためにするめ焼き
色々な工夫をして持ち寄り、するめ
塔の残り火で焼いて食べます。
 竹燗竹燗
のんべぇな私達はするめや餅よりも、集められた大きな門松の中から竹を抜き出して、その中に御神酒?を入れて温まります。竹で燗をすると「竹汁?」がお酒に溶け込み、甘~い竹燗が出来上がります。当然?御代わりの催促も・・・。竹燗

 おんべの房房
「おんべ」には「房」が付いていて、「おんべ」を上げる前にこの「房」を塔の煙であぶり、ビニール袋にいれ奉納者に託されます。
 奉納者はこれを玄関に飾り、一年間の「家内安全・無病息災」を祈念します。
 反省会反省会
関係者が会費制で集まり、反省会の開催。反省会といっても、私の場合はあっという間にただの飲み会に化けてしまいましたが・・・。

・・・サイの神ストーリー おしまい・・・




スポンサーサイト
地域活動 | 19:37:11 | Trackback(0) | Comments(6)

FC2Ad