FC2ブログ
 
■プロフィール

とし

  • Author:とし
  • 中越大震災の震源地・小千谷市の棚田で、美味しい『魚沼産コシヒカリ』を作っています。
    ◆蛍の養殖を開始 
    小学生が公園に放流しました。
    ソトコト'0912月号紹介にされる
    ◆稲刈り体験ツアー趣味人倶楽部(シュミートクラブ)に掲載
    ◆家の光協会「地上」 07年1月号に紹介される

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■フリーエリア
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■QRコード

QRコード

雪国の生活道路
  小千谷は今日も冷え込んで、すっかり冬モード。PCに向かい確定申告の資料を打ち込みながら、いやになると外に出ては雪をスコップでつついていた。
明日はバレンタインと言うことで、そんな私と爺ちゃんにカミさんと娘からチョコレートが届いた。
爺ちゃんは「半分は明日にしな」と言う娘の話も聞かず、喜んでみんな食べてしまった。
 今日の棚田の積雪は300cm
今日も屋内でPC作業だったので、撮り置きの画像ネタでご容赦を・・・ 

 雪国の生活道路 棚田への県道 ワイパーも凍る
 県道を棚田の住宅に向う県道は雪の壁に囲まれ、道路幅も狭くなり車のすれ違いもままならない。
また、スノーブレードを使用しているワイパーも雪が凍りつき、時々氷を取り除かないとワイパーが壊れてしまう。

 吹き溜まり 駐車場? 4駆も立ち往生 立ち往生
 一人で住んでいるお婆ちゃんの家の玄関に車を置かせてもらい、カンジキを履いて棚田の家の雪掘りし勤しむと帰りには県道も雪に埋もれ、吹き溜まりに4輪駆動車も立ち往生となってしまう。
スノーダンプやスコップで吹き溜まりから車を掘り出し、車を押して吹き溜まりから脱出する。

 雪の壁 雪の壁 雪の壁
 2mを超える屋根の雪掘りを終えると、帰りはすっかり暗くなってしまう。
「気をつけて帰ろうぜ」と、家族で言い合って雪の壁をすり抜けて帰る。
この時間になると、体はボロボロになっている。(1月21日30日撮影)
  
極上棚田米、杵つき餅 販売中 魚沼産コシヒカリ・棚田米 杵つき餅
ご家庭ご贈答に、生産農家から直送。 贈答にもご利用下さい。(のし紙サービス)

去年の今日 ほんやら洞祭り
2年前の今日 小説にも負けず
3年前の今日 スノーダンプ
5年前の今日 中越大震災 今日も屋根の雪掘り(5回目)

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



魚沼産コシヒカリ | 22:57:56 | Trackback(0) | Comments(0)