FC2ブログ
 
■プロフィール

とし

  • Author:とし
  • 中越大震災の震源地・小千谷市の棚田で、美味しい『魚沼産コシヒカリ』を作っています。
    ◆蛍の養殖を開始 
    小学生が公園に放流しました。
    ソトコト'0912月号紹介にされる
    ◆稲刈り体験ツアー趣味人倶楽部(シュミートクラブ)に掲載
    ◆家の光協会「地上」 07年1月号に紹介される

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■フリーエリア
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■QRコード

QRコード

強い余震が・・・
 本震の癒える間もなく、余震と言うには余りあまる余震が発生した。
日本の原発は、この連続する地震とこれから起きる地震に耐え得るんだろうか?
 今日の
棚田の積雪は230cm 小千谷の積雪情報

 ずっと嘘だった ずっと好きだったんだぜ!
 アーティストの斉藤和義が原発批判ソングを歌う姿を収録した動画が投稿サイトYouTubeにアップされ、話題を呼んでいる。
 この動画は、昨年4月に斉藤がリリースしたシングルずっと好きだった(ビクターエンタテインメント)のメロディに乗せ、斉藤自身がギター一本で弾き語りしたもの。歌詞の中で斉藤は
「この国を歩けば原発が54基、教科書もCMも言ってたよ、安全です」
「ずっとウソだったんだぜ、やっぱ、ばれてしまったな」
「風に舞う放射能はもう止められない、何人が被曝すれば気がついてくれるの? この国の政府」

 などと歌い、国の原子力政策を痛烈に批判している。

 ちなみに、この騒動で再注目されることになったシングル「ずっと好きだった」に収録されている「Phoenix (Live at NIPPON BUDOKAN 2010.3.5)」は忌野さんへ捧げた曲だと言われている。天国のキヨシローは「アッパレ!」と言っているかもしれない。
「ずっと好きだった」でメジャーとなった彼は、この勇気ある行為でメディアへの露出は間違いなく減るだろう。
 しかし、私達は彼の勇気を無駄にしてはならない。

 オリジナル贈答ラベル 母の日プレゼント 出産祝い 米寿
我家の自信作・棚田米を贈答・町内会や会社行事の景品などに合わせ、オリジナル・ラベルでお届けします。
但し、メッセージと写真は事前にお送り下さい。(写真は印刷後にお返しします)
ご家庭ご贈答に、生産農家から直送(のし紙サービス)ご不明な点は、何なりと申しつけ下さい。

去年の今日 作業場の除雪
2年前の今日 野焼き
3年前の今日 ファーム・エイド銀座 
4年前の今日 水路パトロール
5年前の今日 中越大震災 生活再建の我が家
6年前の今日 中越大震災 地震疎開の爺ちゃんがホーム・シックに
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
魚沼産コシヒカリ | 21:53:32 | Trackback(0) | Comments(0)