FC2ブログ
 
■プロフィール

とし

  • Author:とし
  • 中越大震災の震源地・小千谷市の棚田で、美味しい『魚沼産コシヒカリ』を作っています。
    ◆蛍の養殖を開始 
    小学生が公園に放流しました。
    ソトコト'0912月号紹介にされる
    ◆稲刈り体験ツアー趣味人倶楽部(シュミートクラブ)に掲載
    ◆家の光協会「地上」 07年1月号に紹介される

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■フリーエリア
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■QRコード

QRコード

お米の勉強会
 

 滋賀在住の知人から、お米の勉強会(事務所:兵庫県)主催のツアーを紹介された。
山古志に泊まり、普及センター職員や農家との交流・田んぼ見学などに参加をするそうだ。
私もお願いして、今日から2日間同行をさせて頂くことにした。

 カドミウム汚染対策 お米の勉強会 お米の勉強会
 新潟大学:粟生田(あおうだ)先生
カドミウミ汚染は鉱山がある下流流域と考えていたが、日本はニッケル電池・基盤などに多量のカドミウムを使用し、世界一のカドミウム消費大国であるそうだ。
 カドミウミ汚染からの対策として、出穂期の湛水と土壌のpH上昇が挙げられるそうだ。

 新潟県農業総合試験場 試験場 試験場
農場試験場(長岡市)で通例10年~15年掛かるという品種改良と、10年後気象・時代の変化予想が難しいという。
また、コシヒカリの生みの親である並河成資(なみかわせいし)氏の銅像の中には種子が密封保存され、1000年後、1万年後に開封するという。
 ちょっと、お洒落な企画だと感心させられた。

 試験圃場 試験場 試験場 
 試験場に隣接する1.5hの試験圃場には、さまざまな品種の稲と、温暖化・冷夏に強い稲も試験栽培されているという。

 生産農家と交流会 交流会 交流会
 JA北魚沼の職員から、視察・交流会に至るまで過剰なまでの親切な対応をして頂いた。
それもそのはずで お米の勉強会の参加者には、お米やさんが含まれていると勘違いをしていたらしい。
私にとって全国の消費者・生産者だけでなく、JA北魚沼生産者と交流が出来ただけでも大変有意義な勉強会だった。
 また交流会では鬼のようにビールを飲み、バーベキューの肉を食したことは言うまでもない。 

去年の今日 草取り 
2年前の今日 トンボ?
3年前の今日 稲の花
4年前の今日 町内の草刈り
去年の今日 友人宅で火災発生

 お中元に魚沼産コシヒカリ・棚田米 お中元 魚沼産コシヒカリ・棚田米 
ご家庭ご贈答に生産農家から直送魚沼産コシヒカリ・棚田米 (特別栽培米・のし紙サービス)

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト





魚沼産コシヒカリ | 06:22:46 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する