FC2ブログ
 
■プロフィール

とし

  • Author:とし
  • 中越大震災の震源地・小千谷市の棚田で、美味しい『魚沼産コシヒカリ』を作っています。
    ◆蛍の養殖を開始 
    小学生が公園に放流しました。
    ソトコト'0912月号紹介にされる
    ◆稲刈り体験ツアー趣味人倶楽部(シュミートクラブ)に掲載
    ◆家の光協会「地上」 07年1月号に紹介される

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■フリーエリア
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■QRコード

QRコード

稲の分けつ
 稲の分けつ
 叔父さんのお手伝いで、田んぼの見回りがゆっくり出来なかったのですが、仕事が手空きとなり、久しぶりにゆっくりと田んぼの見回りが出来ました。
分けつ

分けつ

 この2枚の写真の違いが分かりますか?
そうです。1枚目が苦労をして植えたばかりで、まだ分けつの始まらない苗と、田植えから2週間ほど経過し、分けつが始まった苗です。(1株の茎数の違いをご覧下さい)
 (詳細は小学生に聞いてください。高学年のお子さんなら教科書に出てきていると思います)

 もうちょっと分けつが進んで茎数(けいすう)が欲しいのですが、棚田ではこれが限界かもしれません。
 これが平野部の田んぼなら茎数がさらに増え、収量も上がるのですが、冷たい湧き水を使用している棚田では致し方ありません。
 でもその変わりに、美味しいさだけは平野部の田んぼに負けません!!!
スポンサーサイト





魚沼産コシヒカリ | 19:35:39 | Trackback(1) | Comments(5)
コメント
おいしさの秘密がここに!!
としあきさんのおこめで、最初に驚くのが、粒の大きさ、です。

あれほど大粒のお米、ほかに見たことがありません。

栄養分が、実のほうにたくさん流れるのでしょう。まさに、棚田ならでは、ですね!!
2006-06-25 日 08:10:08 | URL | アベッカム [編集]
山間部の田ならではの..
こんばんは。

色々と苦労が絶えないものなのですねぇ~。
山間部へと取材に行きますが、眺める風景の
一つとしか見ていませんでした。

もっとマクロ的視点も必要なようです。
観察する楽しみと言っては失礼ですが、
山間部の営みを理解する上では大切なことと..。

2006-06-24 土 21:22:57 | URL | 地理佐渡・管理人 [編集]
分けつ
 >トモさん。おはようございます。
 田植えがまだですか、でもトモさんのところは秋の雪の心配がないでしょうが、台風の心配は如何なんでしょう?

 父の時代は、「はざに掛けた稲を雪に合わせてしまった」なんていう話を聞きます。
新潟では田植えが遅くなると、秋の天候に恵まれないことの方が心配です。さすがに最近は、雪の下にすることはありませんが・・・。

>FarmVitaminさん

 それこそ遊休農地で「みんなで田植え」なんていうイベントも地域お越しには最適かもしれませんね。
終わったらバーベキューなんて最高です・・・。
2006-06-24 土 06:29:17 | URL | としあき [編集]
無効分げつが多い
ところ変われば・・・
分げつを抑えるのに必死な九州です。

「田植えをやりたい!」という友人が多いので、
来年はいっそのこと、成苗・一本植え・手植えの田んぼでも
作ってみようか・・・などという話にもなっています。

2006-06-24 土 02:55:47 | URL | FarmVitamin [編集]
分げつどころか・・・
まだ自分の田んぼには田植えしてないですよ~(TT)
明日、落としを確認して、あら起こし、明後日か明々後日に水が入ってたら代掻き、1日置いて田植え。早くても火曜日でしょうか・・・。

僕の田んぼで、これで分げつ終わりだったら、ちょっと心配になりますね。寒冷地ならではなのでしょうね。
味で負けないように!がんばります☆
2006-06-23 金 23:44:53 | URL | トモ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

農家の嫁。
 農家の嫁・・・。某有名ブログと同じタイトルになってしまいましたが・・・{/face_ase2/} 農家の嫁といっても、農家の母さん達の話です。農家の母さんたちは、すごい!{/face_yaho/}時折、畑に行くことがあるのですが、目の前を通るトラクターの中には・・・農家のお母さ 2006-06-24 Sat 22:58:29 | 農家と消費者をつなぐ農業関係者のブログ