FC2ブログ
 
■プロフィール

とし

  • Author:とし
  • 中越大震災の震源地・小千谷市の棚田で、美味しい『魚沼産コシヒカリ』を作っています。
    ◆蛍の養殖を開始 
    小学生が公園に放流しました。
    ソトコト'0912月号紹介にされる
    ◆稲刈り体験ツアー趣味人倶楽部(シュミートクラブ)に掲載
    ◆家の光協会「地上」 07年1月号に紹介される

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■フリーエリア
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■QRコード

QRコード

消防団活動
 ドラム缶回収 ドラム缶
 雪国の消防団活動に、消化栓の確保があります。
 これは冬季間に積もる雪から消火栓がすぐに使えるように、ドラム缶の横腹に穴をあけておき、降雪前に消化栓に 被せておきます。
今年はもう雪も降りそうもないことから、そのドラム缶を回収して回りました。
 そこで役立つのが我家の軽トラック。
地域消防団の消防車に搬送して、消火栓に被されたドラム缶を回収して回りました。
 他にこんな仕事 も・・・。
スポンサーサイト





地域活動 | 21:23:28 | Trackback(0) | Comments(5)
コメント
コメントをありがとうございます
<ゴウさん、のりとさん
 コメントをありがとうございます。
道路下に埋まっている水道管に繋いだ消火栓(マンホール型)もありますが、立ち上がり式(正式名称不明)の物と防火水槽には、ドラム缶を被せておかないと冬季間は使い物になりません。
 何せ、昨年と一昨年は市街地でも2メートルを超える雪が降ったんですから・・・。
2007-03-05 月 11:43:49 | URL | とし [編集]
そういうお仕事があるんですね~
実家の静岡・浜松では雪がほとんど降らないので。
とっても勉強になります~
2007-03-05 月 07:14:43 | URL | のりと [編集]
雪と縁のない(?)私達の所では消火栓は全て道路の下にあり、今まで何とも思っていませんでしたが、tosiさんに初めて気付かさせられました。
道路下の消火栓だと雪が積もると探すことも出来なくなるのですね。
2007-03-04 日 22:38:55 | URL | ゴウ [編集]
毎日?
 そりゃー、たいへんだ~!
消防小屋前の除雪は昨年まで当番制でやっていましたが、今年の冬から小雪パイプを敷くことが出来ました。
2007-03-04 日 22:08:20 | URL | とし [編集]
私の所は、ドラム缶をかぶせず毎朝消火栓の周りと消防団の車庫を除雪するのが団員の仕事です。
2007-03-04 日 21:38:19 | URL | 遠藤 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する