FC2ブログ
 
■プロフィール

とし

  • Author:とし
  • 中越大震災の震源地・小千谷市の棚田で、美味しい『魚沼産コシヒカリ』を作っています。
    ◆蛍の養殖を開始 
    小学生が公園に放流しました。
    ソトコト'0912月号紹介にされる
    ◆稲刈り体験ツアー趣味人倶楽部(シュミートクラブ)に掲載
    ◆家の光協会「地上」 07年1月号に紹介される

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■フリーエリア
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■QRコード

QRコード

元気村のみなさん、ありがとうございました。
 昨年の地震発生以来、数回にわたり中越元気村と社協のボランティアの方々にお願いして全壊家屋の後片付け、半壊作業場の後片付け、雪囲い、倒木の枝の始末などのお手伝いをお願いしてきました。
 本当に助かりました。
その中越元気村も、8月末で撤収するとか・・・。
ちょうど、ピンクドームの解体作業をしていたところに車で通ったので立ち寄り、残って後片付けをしているスタッフの方々に、爺ちゃんと2人で「ありがとうございました」と、挨拶をしてきました。
元気村、ピンクドームの撤収

 私達の復興には阪神淡路の教訓が生かされ、私達は本当に助かりました。元気村もその教訓の一つだとおもいます。
お手伝いを頂いたボランティアの中には、休みを取って岡山県からやってきたという外国籍の方もいらして、感謝するばかりです。
 <半壊の作業場(かつての我家)の雪囲いのお手伝いをお願いしました>
ボランティア方々が、雪囲いのお手伝い

 <家の中の後片付けと被災田の野焼きのお手伝いをお願いしました>
ボランティアの方々とティータイム

 <倒れた杉の木の枝の後片付けをお願いしました>
ボランティアの方々による倒木処理

 しかし、社協のボランティアセンターと元気村が、意思疎通が図られなかったと聞き、残念でなりません。
また、元気村に視察に訪れた小千谷市議会議員から「自立の妨げにならないか?」という旨の発言があったと聞き、他地域からのボランティアメンバーを受け入れられない、小千谷地域独特の『メンタル面の壁』があったのかと考えさせられました。

スポンサーサイト





私の震災記録 | 17:54:20 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する